医師求人にとって大事なこと。

医師求人、募集を医師転職エージェントの目からみると



Home / 医師転職の理由と転職活動の期間

医師転職の理由と転職活動の期間


医師転職の理由と転職活動の期間

医師の仕事は激務であると言われ、長時間労働や休日が減る、患者との対面やほかの医師とのしがらみなどにより、神経を使うことが多く、体調不良やうつ病を発祥してしまう場合もあります。その結果、医師転職を考えることも少なくなくありません。

医師転職する場合、その活動は普通よりも長期になることが多いとされています。その理由として、現在勤めている職場の、春や秋の人事異動や新体制になるシーズンを考慮して退職の意向を伝達する必要があったり、忙しい合間をぬって希望する職場への面接や訪問をしなければならないことなどがあげられます。

医師転職で田舎の医療機関に行くメリット

医師転職で田舎の医療機関にいくメリットは、大きく3つあります。1つめは、労働条件が良いことです。都会と比較して人口が少ないため、のびのびとゆったりした時間が過ごせます。そして、田舎の病院は医師が不足していることが多く、需要に対して供給が足りていないため、高い報酬が期待できます。

2つめは、地域に密着した医療をおこなえます。患者と医師との距離が近く、じっくりと診療にあたることができます。人との結びつきが強いと、より地域に密着した医療に専念できます。

3つめに、田舎の病院ではひとつの診療科としてまとめられているところが多いです。そのため、診療科の垣根を越えた症状に対応できる総合的な技術が身に付きます。

医師転職を考えた時は転職サイトを活用しよう

医者が医師転職を考えた時、転職先の病院の情報、条件を調べなければなりません。これは、お医者さんは、とても時間が不規則で多忙という方が多いと言われ、その中で転職先の病院の情報を調べるのはとても大変です。また見つかっても、その病院との条件交渉や、履歴書や書類手続きなど、さらにやる仕事が多くなります。

なので、医師転職には、しっかりとした転職をサポートしてくれる、転職サイトを選びましょう。

転職するにあたって、転職サイトは、より多くの病院の情報を持ち、転職に対するアドバイスや、条件交渉、書類の手続きをしっかり行ってくれるところを選びましょう。

一大決心が必要な医師転職

医師資格は憧れの資格の1つでしょう。一般世間ではゴールドライセンスと呼ばれた資格ですが、実際は医師世界には大変な苦労があるようです。晴れて6年間の医学部を卒業し国家試験を合格した医師の多くは大学医局に入ります。この世界は教授から助手までピラミッド構造であり、絶対権力構造の中で絶対服従社会であることも多いようです。

医局員達は学位取得や専門医の資格取得のために毎日トレーニングに励みますが、医局から派遣命令があれば例え大学から遠方であろうと医局に従う必要があるようです。そのような事を聞くと、自由が少ない閉鎖的な社会から医師転職を考えている若い医師も少なくはないことも納得が出来ます。

医師転職で失敗しないために

医師転職で失敗しないために注意すべき点はどのようなものがあるのでしょうか?転職に失敗しないためには、転職活動に慎重に取り組む必要があります。

まず、専門医の資格取得に向けて実績を作っている時期は年収を上げるための転職はやめたほうが良いでしょう。なぜなら資格取得後のほうが年収交渉を有利に進めることができるからです。その他に医師の年齢が50代になると条件が悪くなりますので、それまでに転職をしておく事が大事になります。

そして自分だけで転職を進めるのが不安でしたら医師転職サイトやエージェントを活用してみるのもよいでしょう。

医師求人・医師転職の関連記事