医師求人にとって大事なこと。

医師求人、募集を医師転職エージェントの目からみると



Home / 医師募集で高収入なものが多い理由

医師募集で高収入なものが多い理由


医師募集で高収入なものが多い理由

医師募集の求人には高収入なものが多いというのがよく言われます。医師の仕事は様々な役職がありますが、給料が高い理由の一つとして、不規則で多忙な仕事だということも挙げられます。このほかには命にかかわる仕事なので、その分責任が重い仕事であるということがいえるでしょう。

以上のことから経験がある医師ほど給料が高くなってくるというのは言うまでもないことです。医局の部長などの地位の医者になると、その月収は120万を超えるといわれています。普段何気なく行く病院かもしれませんが、医師の給料が高いというのはこのような理由からだったのです。もしよかったら、是非参考にしてみてください。

医師募集の関連記事

医師バイトは需要がある

医師バイトなんて必要ないのでは、たくさんお給料をもらっているのだから…と思う人がいるかもしれませんが、その認識は少し違います。もちろん開業医などは社長のようなものですからお金持ちの人もいますが、勤務医だとそれほど多くはありません。

さらに、研修医や大学院生として大学病院に所属している人などは、かなりの薄給で働いています。その給料は看護師を下回ることもあるので、生活していくために、土日に他の病院で働くバイトが必要となるのです。一般の人にはそれほど知られていない実情ですが、医師バイトは学生のアルバイトのように当たり前に需要のある仕事なのです。

医師アルバイトで縁の下の力持ちに

東京ではともかく地元では、年配者が多い上過疎化が進んでいるので、医師が沢山必要です。その中で、最近では医師バイトが人気となっています。

アルバイトなので好きな時間帯や日にちに働けれますし、何より給与面は他の業種とかけ離れて高いのは言うまでもありません。例え離婚してシングルマザーになった女性でも、ちょっと働いただけでも高収入に繋げられ、将来安定すると思いわれます。

さらに医師免許は持っているものの、あまり自分に自信が無くてはプレッシャーに弱い方でも、正規の医師の背中を見て助手同然の仕事をすれば、地域医療を支える縁の下の力持ちになれるのでは無いかと思います。

他院からの医師バイトの必要性

アルバイトと聞くと、収入増加のためというイメージが強いと思われますが、それだけではありません。総合病院で医師として働いている方でも、総合病院や大学病院で患者さんを待っているだけという症例は少ないようです。他院へバイトに行くと、それだけで多くの症例を見ることができます。

医師からすれば、多くの症例を診ることができ、患者さんからすれば大きな病院に行かなくても専門医に診てもらえます。多くの病院には、他院から特定の治療法が必要な患者を抽出に来るバイト医師がいるようです。総合病院であっても全てに専門なものではありません。医師バイトはそういう専門治療が必要とする患者さんにも有意義な存在なのでしょう。

医師バイトは子育て中の女医に人気

医師バイトには、主に2つの働き方があります。勤務日を決めて定期的に勤務する定期医師アルバイトと、特定の日に健診や当直を行うスポットバイトです。

定期医師バイトは子育て中の女医などに人気があるようです。何故なら他のアルバイト同様、働く曜日や時間を固定しての勤務となるため、安定した収入と定期的な休暇が取れるというメリットがあります。

スポットバイトは自分の都合の良い時に働けることがメリットですが、自分に合う仕事が見つからなかったり、毎月の収入予測がつかないことがデメリットだそうです。しかしながら時給1万円を超える求人が多数を占めるため、子育て中の女医などに人気があるようです。