医師求人にとって大事なこと。

医師求人、募集を医師転職エージェントの目からみると



Home / 医師バイトの働き方

医師バイトの働き方


医師バイトの働き方

会社員の雇用形態として、正社員や契約社員、パートといったさまざまな形態があるように、医師にもさまざまな雇用形態があります。1日8時間程度の勤務でかつ1週間2時間、週に4日勤務の医師を常勤医師というのに対して、それ以外の医師を非常勤医師、これを医師バイトといいます。

医師アルバイトなら自分の都合に合わせて働くことができるため、収入増のために選択する場合や、仕事と家庭の両立やスキルアップのためにおこなう場合があります。一般的なアルバイトと同様に、求人サイトも多くあるので、医師バイトを探すのも近年容易になってきています。

医師の生活を支えることが多い医師バイト

一般的なアルバイトのイメージは、飲食店やスーパーで働いたり、塾講師などをして、時給1000円前後を稼ぐものですが、医師バイトはイメージと違うものになるでしょう。

医師バイトは専門職である医師でしかできませんので、それだけで生活をすることができるようです。民間クリニックの当直の医師アルバイトだと、日給4万円前後からもらえるところもあるようです。

そのため、薄給といわれている大学病院で働く勤務医師が、休みを利用して医師アルバイトをしたり、子育て中の女性医師が日中の時間を利用して医師バイトをすることも多いようです。日頃の医師の勤務の身体を酷使させるハードさを考えると、相当報酬ともいえるでしょう。

医師アルバイトのメリット

「医師」と聞くと、一般的には開業医や病院勤務を思い浮かべますが、医師バイトという勤務体系もあるのをご存じでしょうか。

決まった時間帯や曜日で勤務している「定期非常勤」と、一回限りの「スポット」という勤務体系がありますが、医師アルバイトで働くメリットとして、勤務日数や時間の調整がしやすかったり、副収入を得られたり、スキルアップをするための経験ができたり、開業をするために必要な運営ノウハウや人脈を得ておくことがあげられます。

最近では医師バイトに特化した求人サイトもあるようです。個人それぞれが、目的やライフスタイルに合わせて働き方を選べるのは良いことでしょう。

多様化した医師バイトの現状

医師バイトに対する関心が集まっているようです。常勤医師がハードワークと言われて久しいですが、最近では医局を出て、自身の生活に合わせたアルバイトで生計を立てる医師が増えているようです。

アルバイトと言ってもそこは専門職の医師なので、時給も一般的なアルバイトに比べると遥かに高いようです。そのため、子育て医師などのさまざまな事情から常勤が難しい医師にとって、医師バイトは非常に魅力的なようです。

実際にインターネットで検索すると、たくさんの紹介会社がヒットします。勤務時間や報酬もさまざまで、働き方が多様化している現代では、医師業界にもその風が吹いているようです。

患者に必要とされる医師バイト

医師バイトと言われて真っ先に思いつくのは、学生の夜勤のアルバイトです。高額な学費がかかる医学生が夜勤をしている場面が思い浮かびます。しかし、バイトと言え、医者ですので高収入で有る事には変わりなく、アルバイトだけでも生きて行けるのではないかと思ってしまいます。

夜勤は多様な患者さんが来られるので、広く勉強が出来る場でもあると思います。近年、医師バイト無しでは夜の診療は成り立たないと思われます。医療現場において、社会全体から見て必要とされている存在です。患者にも、医師にも有益なアルバイトであって欲しいと思います。